Beeworks Thoughtful design

シンフォニク島 コンテンツサイト

NECネッツエスアイ株式会社様が提供するサービスの特徴や活用シーンを楽しみながら理解できる、ゲームライクなコンテンツサイトを制作しました。

Client

NECネッツエスアイ株式会社様

Role

企画 / 情報設計 / デザイン / ロゴ / キャラクター開発 / イラスト / フロントエンド / バックエンド / CMS

コンテンツの概要

シンフォニク島は、様々なお困りごとを抱えた島民たちが暮らす島。
この島では「アイテム」を発見し、お困りごとに対して適切なアイテムを選択することで、島民たちの課題を解決することができます。
ゲーム感覚で楽しみながら理解を深めていただくことにより、サービスの認知拡大や潜在顧客の獲得につながることを目的としています。

商材理解の壁を企画力で解消

DXを実現するサービスは、具体的な特徴や活用シーンをイメージしづらく、お客様が関心を持つまでのハードルが高いという問題がありました。
私たちはこの問題解決へのアプローチを「商材理解が浅いお客様をターゲットにした、キャッチーなサービス紹介コンテンツ」と定義。
具体的な制作方針として、ブランド名称と遊び心を盛り込んだ「シンフォニク島」という世界観と、事務的ではなく楽しくサービスを理解できる「クイズ形式のゲームライクなコンテンツ」という切り口を提案しました。
お客様がDXで実現できることを直感的に理解し、自分ごと化してサービス導入を検討できるようになることを目指しています。
また、すでにサービスを活用いただいているお客様に対しても、「こんなシーンでも使えるんだ」「このサービスと組み合わせることができるんだ」といった新たな気づきを得られる付加価値を提供しています。

二人三脚で歩んだコンテンツ制作プロセス

サイトに掲載するアイテムや活用シーンの選定においては、NECネッツエスアイ様とビーワークスとでブレインストーミングの機会を設けました。
大枠の掲載内容が固まったところから、ビーワークスが既存のサービスページなどを参考にライティングを開始。
楽しく理解できるというコンセプトに則り、「細かな説明よりもわかりやすい表現を優先」「クスッとくる文を適度に挿入」などのポイントを意識しています。
一方、各商材の訴求点や説明の正確性についてはNECネッツエスアイ様からも意見をいただき、両者で密にコミュニケーションを取りながらブラッシュアップを行いました。

グラフィックや演出面でも、楽しくサイトを読み進められる工夫をちりばめています。
「あなた」を主人公とした導入ストーリーや、海を越え島が姿を現すまでのアニメーションで没入感を演出。にぎやかで清涼感あるトーンのグラフィックデザインを施し、クイズの人物イラストも描き下ろしました。
開発面ではゲームライブラリのひとつであるPhaserを使用し、人物の歩行アニメーションなど細かい動きの演出にもこだわっています。
ぜひ実際にサイトを閲覧してお楽しみください。

ブランド全体を通した体験の設計へ

ガイド役となるコンシェルジュ「シンフォさん」とマスコット「テクパ」は、ブランドサイトリニューアル時にビーワークスがキャラクター開発を行っています。
コンテンツへの流入を促す施策として、お客様にお配りする営業ツールにシンフォニク島のグラフィックやリンクを掲載したり、サイトで連載中の4コマ漫画「シンフォさんといっしょ」内でシンフォニク島のモチーフを登場させたりと、媒体を横断して認知拡大のための制作物を展開しています。
これからのシンフォニク島の拡充においても、営業窓口との連携などブランド全体の体験をさらに加速させるコンテンツを検討・議論しています。
今後もビーワークスは強みである「制作物にとらわれない高いクリエイティビティ」を発揮しながら、クライアントの課題を解決する制作を行っていきます。

お客さまの声

「未認知層のユーザーを取り込む施策が足りていない」という弊社の課題に対して、やりたいと思っていることをざっくりお伝えしたところ、翌週には解像度の高いご提案をいただけたのが驚きでした。
おかげさまで弊社内でも具体的なイメージが固まり、コンテンツ制作に踏み切ることができました。
また、制作過程でもこちらの細かい要望を汲み取ってアイデアをご提案いただき、最終的に満足のいくアウトプットに社内での評判も上々でした。

ご担当者様のチャットのレスポンスがとても早く、弊社の依頼や疑問に対してすぐに対応いただけたので安心してお任せすることができました。
弊社でこのようなコンテンツの制作を行うのは初めての試みで右も左もわからない状態でしたが、要件定義の際に様々な例を見せながら丁寧にご提案いただき大変助かりました。
おかげさまで良いコンテンツが完成しました。ありがとうございました。

公開日:2023/06/07

当ページに掲載の内容について、一切の転載を禁止いたします。

関連実績

Related works

関連ケーススタディ

Related case studies